商品番号:

銘 加州住藤島友重


加賀国 延宝頃 約三百三十年前
刃長 二尺三寸三分強(七〇・七糎)
反り 五分九厘半 
元幅 一寸七厘 先幅 八分二厘半
棟重ね 二分二厘弱
鎬重ね 二分二厘半
銀着二重ハバキ 白鞘入
『加州新刀集』所載品

 加賀百万石の太守前田家は、北陸随一の雅な文化を育む一方、槍の又左との異名で知られる藩祖利家公以来、尚武の気風を重視した。

 特に前田家三代藩主利常公は武芸に秀でた人材の登用や城壁の普請、船舶の大量購入や、刀工保護政策の実施など積極的に武備の充実に取り組んだため、幕府より謀反の嫌疑(寛永の危機)をかけられ、あわやお取りつぶしの危機を招いたことからもその本気度が窺われよう。

本作はこの利常公より瑞泉寺奉納刀鍛造を命じられた、次兵衛友重鍛造の一振。

均整の取れた六分反りは伸びやかな切先で結ばれ地鉄はやや黒味を帯びた同国の特徴が顕著にあらわれている。高低に乱れる互の目乱刃からは匂い足が刃先に盛んに伸びて作柄は鋭利そのもの。利常公の勇武に寄せる期待に応えんと精進した次兵衛友重の気概が伝わりくる作品である。

価格550,000円(消費税込) 特別保存刀剣鑑定書
『加州新刀集』所載品

●刀友重_MG_9110.jpg
●刀友重_MG_9111.jpg
●変り塗鞘_MG_9268.jpg
●変り塗鞘_MG_9268.jpg
●変り塗鞘_MG_9268.jpg
●変り塗鞘_MG_9268.jpg
●変り塗鞘_MG_9268.jpg
●変り塗鞘_MG_9268.jpg
●変り塗鞘_MG_9268.jpg

〒104-0061 東京都中央区銀座4−10−6 G4ビル2F

電話番号 : 03-6264-1107
FAX : 03-6264-1139
株式会社 銀座長州屋 ANNEX

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード