脇差

備前介藤原宗次 文久二年八月日

検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya

江戸時代後期

文久

武蔵国

Munetsugu

 宗次は享和三年(1803)陸奥国白川生れ。後に江戸に出て加藤綱英と綱俊の門人となる。師に学んだ備前伝を得意俊、高低穏やかに連なる固山丁子の刃文が特徴。
備前介藤原宗次 文久二年八月日
備前介藤原宗次 文久二年八月日