脇差

備州長船家助

検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya

室町時代初期

応永頃

備前国

Iesuke

 室町時代初期 応永頃。「備州長船家助」。盛光、康光と並び応永備前と呼ばれる優れた作品を鍛造した家助の作。適度に反った姿は均整がとれて美しく、棒樋を丸留めとし、小杢目を配した地鉄には淡く映りが立って見事。棒樋の位置から元来は二尺前後の小太刀であったと推考される。
備州長船家助

〒104-0061 東京都中央区銀座4−10−6 G4ビル2F

電話番号 : 03-6264-1107
FAX : 03-6264-1139
株式会社 銀座長州屋 ANNEX

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード