太刀

備州長船康永 応永三十一年二月日

検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya

室町初期応永

応永

備前国

Yasunaga

 康永は応永備前を代表する康光の子と伝え、応永廿六年から永享前期まで年紀作が遺されている。活躍期は初代康光の晩年から二代康光のそれと重なっていることから所伝は首肯される。作風は応永杢に蝋燭の芯を想わせる尖った帽子など康光同然である。
備州長船康永 応永三十一年二月日
備州長船康永 応永三十一年二月日