脇差

兼貞

検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya

桃山時代

天正頃

美濃国

Kanesada

 蜂屋関兼貞は、京より移住してきた達磨派に学んだ応永頃の初代に始まり、康正、文明、明応、大永と続き、天文頃には和泉守を受領下伊勢で作刀した兼貞があり、古刀期に兼貞銘を切る工は天正年間に及んでいる。

〒104-0061 東京都中央区銀座4−10−6 G4ビル2F

電話番号 : 03-6264-1107
FAX : 03-6264-1139
株式会社 銀座長州屋 ANNEX

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード