刀 大磨上無銘 伝行光

検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya

鎌倉時代後期

嘉元頃

相模国

Yukimitsu

新藤五国光を嚆矢とする相州伝に会って、沸が強い湾れに互の目刃を配する華やかな作風は正宗、貞宗に先駆けるこの藤三郎行光の創始になる作風である。沸と匂いの複合になる焼刃は照度高く透明感があり、流れるような肌目に沿ってほつれる態が看取される。
刀 大磨上無銘 伝行光
刀 大磨上無銘 伝行光