刀 大磨上無銘 手掻

検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya

鎌倉時代後期

-

大和国

Tegai

 大和五派中もっとも栄えたのが大和手掻派である。鎬高く重ねが厚く、腰反りごころの中間反りとされた本作は小板目鍛えの地鉄に生気やどり、刃寄りには柾状の肌が看取される。地鉄全面に付いた地沸を分けるように深く沈んで黒光りする地景が印象的である。
刀 大磨上無銘 手掻
刀 大磨上無銘 手掻