短刀

包清(末手掻)

検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya

室町時代後期

天文頃

大和国

Kanekiyo

 大和国。鎌倉時代後期の初代手掻包永の子に始まる包清の工銘は、東大寺転害門辺りを拠点としていた同派の隆盛と共に受け継がれ、活躍は室町時代後期に及んでいる。手掻鍛冶は大和五派の中でも特に末葉が栄え、他国へ活躍の場を求めて移住した者もまた多い。これら手掻鍛冶の中でも南北朝以前の工を手掻、それ以降の工を末手掻と呼び分けている。
包清(末手掻)
包清(末手掻)