脇差

大和大掾藤原正則

検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya

江戸時代初期

元和頃

越前国

Masanori

 大和大掾正則は三条吉則の末と伝え、丹後宮津の出身。山城国にて作刀を学び、のちに越前に移住し、兼法の門においてさらに技術を積んでおり、斬れ味に優れていることから人気も高く、慶長新刀期に間々みられるがっちりとした造り込みに、緻密に詰んだ地鉄鍛えとし、美濃孫六兼元風の尖刃を交えた刃文、あるいは沸の強い相州刀を意識した作を遺している。
大和大掾藤原正則
大和大掾藤原正則