大磨上無銘 二王

検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya

南北朝時代

-

周防国

Nio

 この刀は、大磨上とされてはいるも反り深く踏ん張りのある原姿が窺いとれ、元幅広く先幅もしっかりとし、延びごころの鋒。詰んだ地鉄は平地が板目で刃寄りと棟寄りが柾目になり、濃淡変化に富んだ乱れ映りの中に、所々ヘラカゲとも呼ばれる独特の垂れ込んだような映りも窺え、地景と澄肌が現れて一段と古風。
大磨上無銘 二王
大磨上無銘 二王