短刀

弘幸

検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya

桃山時代

慶長頃

山城国

Hiroyuki

 平安城弘幸は堀川国広の門人で、はじめ弘幸と銘し、のちに丹後大掾を受領して広幸と改銘。さらに後に丹後守に転任したと伝える。慶長十三年の年紀作が数振り遺されていることから活躍の時代は明確であるが、師の相州振りとは作風を異にして緻密に詰んだ小板目肌に直刃を焼くを得意としていた。
弘幸
弘幸