太刀

義一作 平成六年二月二十五日

検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya

平成

平成

東京都

Yoshikazu

 昭和平成の現代に一文字の華麗な重花丁子を復活させた吉原一門にあって、義一師は最も早く無鑑査認定を受けたことで知られる若き麒麟児。平成30年5月2日51歳の若さで亡くなられたのは刀剣界の大いなる損失であり、惜しまれてならない。
義一作 平成六年二月二十五日
義一作 平成六年二月二十五日