金象嵌銘 国時 本阿弥光遜(花押)

検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya

南北朝時代

建武頃

肥後国

Kunitoki

 蒙古軍の襲来に備えるべく、山城国より肥後国菊池氏に招聘された延壽國村を棟梁とする國資、國吉、國泰、國時などの鍛冶集団は、来國行より受け継いだ新趣の高い技術を備え、山城本国の風合いと古調な九州地鉄の融合を果たした独特の作風を示し、鎌倉末期から南北朝時代にかけて菊池郡隈府の地で大いに栄えた。中でも遺されている作が多く、延壽鍛冶を代表するのが國村の子とも弟子とも伝える國時である。
金象嵌銘 国時 本阿弥光遜(花押)
金象嵌銘 国時 本阿弥光遜(花押)