短刀

銘 備前国住長船源兵衛尉祐定作 天正五年二月吉日

検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya

桃山時代

天正

備前国

Sukesada(Genbei)

 室町期の備前刀工中もっとも興隆した一門に祐定一派がある。中でも源兵衛尉祐定(げんべえのじょうすけさだ)は初代与三左衛門尉祐定に続く次代の名手。天神山城主浦上宗景や三村家親など有力武将の需に応じで多くの優れた作品を鍛えた名工である。小板目鍛えの地鉄は特に入念に鍛えられ、鉄色冴えて、さわやかな秋空を見る如く透き通るような鉄色(かないろ)に吸い込まれる心持がする。
銘 備前国住長船源兵衛尉祐定作 天正五年二月吉日

〒104-0061 東京都中央区銀座4−10−6 G4ビル2F

電話番号 : 03-6264-1107
FAX : 03-6264-1139
株式会社 銀座長州屋 ANNEX

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード