脇差

銘 備州長船則光 享徳二年八月日

検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya

室町時代前期

享徳

備前国

Norimitsu

 則光は応永の助右衛門則光の子で、名を五郎左衛門尉という。室町前期の永享頃より中期の文明頃、勝光、宗光の父六郎左衛門祐光と共に、備前長舩派の屋台骨を支えた優工で、寛正年紀に名品ありと伝え、「寛正則光」の異名で古くから愛刀家に尊ばれている。
銘 備州長船則光 享徳二年八月日

〒104-0061 東京都中央区銀座4−10−6 G4ビル2F

電話番号 : 03-6264-1107
FAX : 03-6264-1139
株式会社 銀座長州屋 ANNEX

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード