脇差

銘 備州長船康光 応永二十年九月日

検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya

室町時代初期

応永

備前国

Yasumitsu

 右衛門尉康光は盛光と共に応永備前の双璧と讃えられた刀工。我が国の日本刀製作の中心的な位置にあった備前長船の地では古くから技術革新が続けられており、常に時代に応じた優れた刀が生み出されてきた。後に脇差と呼ばれるようになった一尺六寸前後の鎬造の刀は、南北朝時代の腰刀や小太刀が抜刀に適したほど良い寸法に改良されたものと推考され、応永以降にも太刀の副え差しとして盛んに用いられている。
銘 備州長船康光 応永二十年九月日
銘 備州長船康光 応永二十年九月日