銘 備州長船忠光 延徳二年二月日

検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya

室町時代後期

延徳

備前国

Tadamitsu

 忠光は室町時代中期から後期にかけて活躍した長船鍛冶の代表工。同時代に、勝光、宗光、法光、祐光、賀光など数多の名工と技を競い、戦国武士団の需に応じて名作を多く遺した。本作は片手打ちに至便な二尺弱の刃長から、特別の注文で鍛造された作であろう。匂い口締まりごころの刃文には小沸が瞬き、細やかな砂流しが入って静穏な趣をみせている。
銘 備州長船忠光 延徳二年二月日
銘 備州長船忠光 延徳二年二月日