脇差

銘 広幸

検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya

江戸時代初期

慶長

山城国

Hiroyuki

 堀川國廣の門人と伝える丹後守廣幸は本国を美濃とする。京に上って國廣に学び、独立して京の堀川に鍛冶場を設けた。はじめ弘幸と銘し、晩年は廣幸と改めて丹後守を受領している。相州貞宗を手本としたと想われる古調な彫物の施された短刀、薙刀直し造の脇差があるなど、創造性に長けた刀工であった。
銘 広幸

〒104-0061 東京都中央区銀座4−10−6 G4ビル2F

電話番号 : 03-6264-1107
FAX : 03-6264-1139
株式会社 銀座長州屋 ANNEX

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード