銘 肥後守国康 一脇ノ間落入平土常貫所持

検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya

江戸時代前期

寛文

摂津国

Kuniyasu

 肥後守国康は大坂新刀の開拓者河内守国助初代の三男で名を小林源左衛門といい、兄河内守国助二代と大坂内本町東に軒を連ねた。鎌田魚妙は『新刀弁疑』で「地鉄至て細に匂ひ深く、丁子刃の名人、中河内同様の作也」と高く評価している。
銘 肥後守国康 一脇ノ間落入平土常貫所持
銘 肥後守国康 一脇ノ間落入平土常貫所持