亀図鐔 銘 東山住鉄元堂[尚房金印]

 陽の温もりを求める甲羅干しの亀。尚房は鉄元堂正楽の屋号で知られる尚茂の初期の門人で、尚茂の師國治の子。鉄の熟しに優れ、好んで彫り描いたものであろうか精巧で精密な亀の図を得意としており、飄逸な姿を自然なままに高彫表現した作を多く見る。この鐔も、鉄地をくっきりと高肉に彫り出し、上部に大きく空間をとることによって清浄な空気と生命感を暗示している。甲羅は銀象嵌、目玉に金を用いており、黒化した銀の色合い、手足の鱗の表情も巧み。東山住と居住地が刻されているのも貴重である。

〒104-0061 東京都中央区銀座4−10−6 G4ビル2F

電話番号 : 03-6264-1107
FAX : 03-6264-1139
株式会社 銀座長州屋 ANNEX

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード