分銅射光透図鐔 無銘 赤坂

 赤坂鐔工は古典的な題材に取材し独特の意匠構成からなる図柄を得意としたが、本作のような古鐔に取材した作も遺している。時計透とも呼ばれる歯車状、あるいは日足状の文様を切羽台の周囲に施し、これを分銅で耳と繋いだ簡潔な出来。肉厚の造り込みで丸耳に仕立て、赤坂の特徴を鮮明にしている。地造りにおいても、鍛えによる層状の肌が櫃穴の端部に現れている。
分銅射光透図鐔 無銘 赤坂