唐人舟遊図鐔 銘 松村勝成

 勝成は会津正阿弥派を代表する松村家の工で、古典的山水図を高彫金銀象嵌の手法で描くを得意とした。世の煩わしさから離れて大自然の中に生きることに憧れた古代中国の賢人に自らを重ね合わせ、装剣小道具に深山幽谷を描いて遠い世界に想いを寄せたもの。この鐔は、万斗の水を落とす瀧に舟遊びする詩人の姿を高彫表現した作。質の良い鉄を彫り込んで金銀の象嵌を施し、夕暮れ時の静かな空気感を大切にしている。 
保存刀装具鑑定書
唐人舟遊図鐔 銘 松村勝成