四方輪違透図鐔 無銘 尾張

 金色黒々として渋い光沢のある、簡素な造り込みの実用鐔。輪の組み合わせによって七宝文風の木瓜形に仕立て、切羽台に十字かを意匠している。輪違いは多様な意味を含んでいるため禅に通じた武将から好まれた文様。この鐔は、緻密な鍛えによって表面が平滑に仕上げられてはいるが、所々に穏やかな鉄骨が現れており、さらに耳には色の黒い筋状、粒状の鉄骨も窺える。素材の良さが魅力の作である。
四方輪違透図鐔 無銘 尾張