四方鞍骨透図鍔

 打刀に装着されたものであろう、小振りに引き締まった実用的造り込みながら、地透からなる体躯は骨太で頑強な印象のある、金山と極められている鐔。焼手によるものであろうか、鎚で叩き締めた抑揚のある肌が現われているのが大きな魅力で、色合い黒く渋い光沢に包まれている。
保存刀装具鑑定書(伝金山)
四方鞍骨透図鍔