四菱透図鐔 無銘 明珍

 葵の葉を四方に配した古典的な意匠とし、笄櫃と小穴により括猿の文様とした味わい深い鐔で、明珍派の作と極められている。鉄色は黒々とし、耳の所々に筋状と瘤状の鉄骨が現れ、色の黒い深みのある艶を呈している。丸い環状の耳に地板を鍛着したものであろう、地面の耳寄りが薄手に仕立てられており、指先に微妙な肉採りが伝わり来る。 
保存刀装具鑑定書(明珍)
四菱透図鐔 無銘 明珍