左右松透吹き寄せ文図鐔 無銘 西垣

 松樹を想わせる左右の櫃穴を大きく採り、鐔全面に松葉と梅花を腐らかしの手法で散し配した、洒落た風情の漂う作。腐らかしとは酸などで金属の表面を腐食させる手法で、西垣や平田派など肥後金工が得意とした。特に西垣勘四郎は、小さな自然の景色を文様化し、彫口シャープに文様を浮かび上がらせ、しかも茶の美意識を漂わせる工夫を凝らして技量が高い。唐草文などは間々見かける図柄だが、本作は常にもまして手際の良さが窺える。この文様の中に矢尻が隠し絵として秘められているのが判るだろうか。巧みな意匠構成である。

〒104-0061 東京都中央区銀座4−10−6 G4ビル2F

電話番号 : 03-6264-1107
FAX : 03-6264-1139
株式会社 銀座長州屋 ANNEX

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード