影蝶透図鐔 無銘 古甲冑師

 繭玉や羽根を広げた蝶を想わせる陰影は、再生を通じて成す永遠の生命への願いが窺える。地鉄は、数百年を経て生じた錆の下にうっすらと鎚の痕跡が窺え、ねっとりとして、しかもカランと乾いた響音が心地よい。興味深いのは、土手耳に唐草文が施されていたと思われる点。装飾の変遷が窺い知れるのである。 

〒104-0061 東京都中央区銀座4−10−6 G4ビル2F

電話番号 : 03-6264-1107
FAX : 03-6264-1139
株式会社 銀座長州屋 ANNEX

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード