枝牡丹図鐔 名 吉岡因幡介 

 円周状に綺麗に揃った赤銅魚子地の魅力は、このような金のみの装飾によって際立つ。吉岡因幡介は徳川幕府に仕えた名流で、式正の大小拵などに装着する格式高い家紋図鐔などを遺している。多くは高彫に色絵を施した作風だが、この鐔では一切の高彫を施さず、魚子地の美観を強く印象付ける平面的な装飾を突き詰めている。技法は特殊で、金平象嵌の上に魚子を打ち込んでいるため、図柄の境界部が鮮明。拵に装着して映えるよう耳にも金色絵が施されて華やか。

〒104-0061 東京都中央区銀座4−10−6 G4ビル2F

電話番号 : 03-6264-1107
FAX : 03-6264-1139
株式会社 銀座長州屋 ANNEX

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード