格子に割菱透図鐔 無銘 古刀匠

 刀のための良質の鋼を用い、鍛造技術を駆使して製作したのが刀匠鐔。薄く鍛えた鉄板に簡潔な文様を透かし施して腕抜緒を通す穴としたものだが、美観が見出されて鑑賞の要となっている。この鐔の、ごくわずかに横長の寸法は時代の上がる証し。鎚の痕跡が残された鉄地は色合い黒く渋い光沢に包まれており、耳の一部に細い筋状の鉄骨が現われている。透かしの位置から太刀に掛けられたことが分かる。この鉄肌は視覚だけでなく、指先でも楽しむべきもの。掌中で数百年の時を感じとってほしい。
保存刀装具鑑定書(古刀匠)

〒104-0061 東京都中央区銀座4−10−6 G4ビル2F

電話番号 : 03-6264-1107
FAX : 03-6264-1139
株式会社 銀座長州屋 ANNEX

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード