桐紋図鐔 銘 予州住正阿弥家武

 京に栄えた正阿弥派は、江戸時代には全国各地に移住し、地域独特の風情を創出して大いに栄えた。伊予正阿弥派は鉄地に華やかな金銀の布目象嵌を施すを得意としたが、素銅地や赤銅地を素材に高彫色絵からなる作も遺している。土手耳を強く立てて小振りに引き締まった木瓜形のこの鐔は、地には石目地を打ち、四方に猪目を透かして五三桐紋を配し、一際古調に仕上げている。室町時代以前の古作を想わせる造り込みである。

〒104-0061 東京都中央区銀座4−10−6 G4ビル2F

電話番号 : 03-6264-1107
FAX : 03-6264-1139
株式会社 銀座長州屋 ANNEX

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード