桔梗小透図鐔 無銘 古刀匠

 簡素な桔梗紋を透かしただけの実用鐔。刀匠鐔とは、古くは刀匠が、自ら製作した刀や太刀に合わせて製作したものとも言われている。良質の鍛え強い鉄地をほぼ真丸形にし、切羽台に比較して耳際が薄手の碁石形に造り込んでいる。鉄色黒々とし、鎚で丁寧に鍛え上げたものであろう、地面は微妙な抑揚と鎚の痕跡が残されて総体にねっとりとした質感があり、薄手の耳ながら小さな粒状あるいは筋状の鉄骨が窺え、素質の良さを呈している。
桔梗小透図鐔 無銘 古刀匠