洲浜紋小透図鐔 無銘 古正阿弥

 肥後金工平田彦三が得意としたような、地金表面を腐食させ、微妙な変化をもたらす秘術を駆使した作。本作も同じ工法になるもので、光の反射により鐔全面に水辺の景色が浮かび上がる趣向。水の流れに揺れる勝軍草(沢瀉)が隠し絵のようで、時代の上がる金工の持ち味が良く示されている。彦三同然の出来。
特別保存刀装具鑑定書(古正阿弥)
洲浜紋小透図鐔 無銘 古正阿弥