獅子牡丹図鐔 銘 岩澤了意(花押)

 江戸後期 陸奥国会津 鉄石目地竪丸形高彫象嵌
縦八六・五㍉ 横八二・二㍉ 
切羽台厚さ四㍉ 
耳際厚さ二・四㍉
上製落込桐箱入


 岩澤了意は江戸後期の会津正阿弥派の代表工。表に二疋獅子を、裏に牡丹を巴状に構成したこの鐔は、獅子も牡丹も構成線が強く肉合彫風に量感があり、また躍動感に満ちている。緻密に詰んだ地鉄は微細な石目地に仕上げられて色合い黒く、金銀の象嵌が映えている。
獅子牡丹図鐔 銘 岩澤了意(花押)