箙図鐔 無銘 平田

 江戸時代中期、七宝象嵌の表現手法は目覚しい進歩を遂げ、鮮やかでしかも透明度の強い材料の開発に成功している。それ以前の、殊に平田家初代道仁の作品には、色硝子を素材としながらも泥七宝に似た素朴な風合いを示す古風な七宝がある。箙を文様化した七宝象嵌になるこの鐔は、平田各代の中でも時代の上がるものとみられ、緑、黄褐色、白、橙色、灰緑など濁りのある質素な色合いの組み合わせで渋い光沢に包まれ、七宝の特徴の一つでもある鬆や気泡の入った様子、その研ぎ出された表面の景色など鑑賞のポイントは多い。下地は赤銅地の、これも質朴な石目地仕上げ。

〒104-0061 東京都中央区銀座4−10−6 G4ビル2F

電話番号 : 03-6264-1107
FAX : 03-6264-1139
株式会社 銀座長州屋 ANNEX

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード