結雁金丁子透図鐔 無銘 古甲冑師

 古風で枯れた風情のある地鉄の鑑賞は、視覚によるだけでなく、掌と指先を駆使して行う。響音もまた耳を澄まして行う鑑賞要素。この古鐔も、カランと乾いた響音を呈する鍛え強い鉄地をわずか二ミリの厚さに仕立てたもの。地面には鎚の痕跡を活かして縦篠鑢を施している。
結雁金丁子透図鐔 無銘 古甲冑師