花文洞菓子透図鐔 無銘 早乙女

 常陸国に栄え、「常陸下妻住早乙女弥左衛門家貞」と居住地を刻した作を遺している家貞に代表される早乙女派の甲冑師は、鍛え強い鉄の組み合わせからなる鐔を製作して人気が高い。この鐔は筋兜を意匠したもので、花文、法螺貝を陰に透かした簡潔な文様なども早乙女派の特質。殊に鉄質古調で色合いねっとりと黒く、耳際が薄手の断面碁石形、七方に刻みを設けてなだらかに仕上げているが、表面の所々に鍛え肌が現れて素朴な景色となっている。地と空の調和が最大の魅力と言えよう。鳥越博士の箱書に「室町期甲冑師作」とある。
花文洞菓子透図鐔 無銘 早乙女