花菱紋沙綾形文図鐔  銘 吉田雄矩令 加藤正親作之

 武州伊藤派が得意とする、精緻で瀟洒な文様表現からなる作。沙綾文を施し、これを背景に浮かび上がるように花菱紋を肉高に彫り出し、花の中央にのみ金の点象嵌を加えて菱形の構成を印象付けている。吉田雄矩なる武人の注文で、精魂込めて彫り込んだ正親の感性と技術が際立つ出来。 保存刀装具鑑定書
花菱紋沙綾形文図鐔  銘 吉田雄矩令 加藤正親作之