葡萄に栗鼠図鐔 無銘 古金工

 地に直接図柄を彫り込むのではなく、表面に繊細緻密な鏨を加えて色絵を施した地板を、覆輪で鐔の表面に固着する技法は、古金工の時代に盛んに行われていた手法で、本作は特に優れた技術者の存在が窺える出来。赤銅地は色黒く、「武道にに立す」と読んで武士に好まれた葡萄棚と栗鼠の組み合わせになる場面を唐草文風に表現し、栗鼠の顔つきも古風。
葡萄に栗鼠図鐔 無銘 古金工