蘇鉄図鐔 銘 大森英政(花押)

 異国情緒を漂わせる蘇鉄は、江戸時代には庭園を彩る自然の添景として人気があった。古くは足利義政による室町殿にまで遡る。この鐔では大きく成長した蘇鉄を大胆に捉え、高彫色絵象嵌を駆使して丸みのある幹を写実描写している。上質の赤銅地に岩は朧銀地高彫金色絵、葉は微妙に色を違えた金色絵、刺状の皮質を鮮明にする太い幹の描写も鏨が揃って美しい。英政は大森家に学んだ徳野家の工。技術が優れて大森の姓を許されている。
蘇鉄図鐔 銘 大森英政(花押)