車透図鐔 銘 豫州住正阿弥森峯

 切羽台と耳を繋ぐ地板を、あたかも鋲で接ぎ合わせたかのように意匠した、頑丈な車透で、室町時代の雰囲気を漂わせている作。無銘であれば古金工にも極められる出来。年月を経て黒く変色した真鍮地金の風合いが見どころ。森峯は盛峯とも銘を切り、元禄年紀のある作を遺している伊豫正阿弥派の鐔工で松山の住人。
車透図鐔 銘 豫州住正阿弥森峯