道具透図鐔 無銘 金山

 小振りに引き締まった実戦の鐔。質の良い鋼を鍛錬し、焼き入れを施して堅牢さを高めた武具。激しい動きの中での抜刀にも障りがないよう小振りな造り。図柄は杏葉あるいは茗荷にも似た文様で耳と切羽台を繋ぎ、小柄笄の櫃穴を雁又で意匠しており、図柄はいずれもわずかに肉彫として透かしの切口に量感がある。鉄色黒く渋い光沢があり、耳には穏やかな鉄骨が連続している。
道具透図鐔 無銘 金山