雲龍図鐔 銘 越州住明珎吉久作

 越前松平家に仕えた甲冑師明珎吉久の、引き締まった地鉄が魅力の鐔。鍛え強い鉄地を肉彫にし、龍神の胴体を耳に構成してその背鰭が際立つよう筋立てている。同じ越前に栄えた記内派も龍神図を得意としたが、地造りや表裏を違えた構成に独創がみられる。鉄色青黒く渋い光沢があり、火炎と雲を纏う身体、宙を掻く鋭い爪、大きく開いた口など総てに力が籠っている。
雲龍図鐔 銘 越州住明珎吉久作