鉄五枚張黒漆塗置手拭形兜

その他

 雑賀鉢に代表される置手拭形兜の貴重な遺例。五枚の鍛鉄を巧みに矧ぎ併せた桃山時代の変わり兜。置手拭の名称は頭頂部に設けられた矧板の形状が折りたたんだ手拭を想起させることからのもの。荒々しい共鉄鋲が鉢の要所に穿たれて頑強に製作されてる。
鉄五枚張黒漆塗置手拭形兜