地紙散図縁頭 銘 桂永寿(花押)

​縁頭

 桂永寿は筑後久留米の出身。江戸の横谷英精に彫金を学び、業成って故郷に開業、有馬家に抱えられたが、更なる研鑽を目的としたものであろう再び江戸に出ている。この縁頭は、横谷宗珉が得意とした片切彫を駆使し、図中図の如く散し配した地紙に獅子、馬、牡丹など宗珉伝の各図を彫り表して洒落た風情が漂っている。地紙部分は鮮やかな金と渋く落ち着いた光沢の強い銀による厚板の象嵌。繊細ながら力強い鏨使いで各場面が鮮明。
地紙散図縁頭 銘 桂永寿(花押)