筍図小柄 銘 後藤光理(花押)

小柄
​笄

 後藤宗家十二代光(みつ)理(まさ)は、同十一代通乗の嫡子で元禄八年の生まれ。享保七年に家督を相続し、後藤家伝統の風格ある彫物を得意とした。粒が綺麗に揃った漆黒の赤銅魚子地(ななこじ)を背景に、簡潔な意匠と構成で季節のものを精密表現している。ふっくらと量感のある高彫に繊細な鏨を加えて後藤家の本領を発揮。裏板は金で華麗に装って見事。
保存刀装具鑑定書 
筍図小柄 銘 後藤光理(花押)