虎豹図小柄 銘 吉岡因幡介

小柄
​笄

 吉岡因幡介は京の出で、慶長年間に江戸に移住して九代まで徳川幕府に仕えた、後藤家と並ぶ金工の名流。いずれも個銘を記さず吉岡因幡介とのみ刻すを常としている。この小柄は、綺麗に揃った赤銅魚子地に、打ち出し強く二疋の虎を金色絵で彫り描いた、正確な構図と緻密で精巧な彫刻技術が示された作。虎の子渡しを題としたものであろう、波は量感のある高彫に銀色絵で表わし、水飛沫も艶やかで清浄感がある。虎の身体は肉感に優れ、眼窩深く厳しい表情の顔から長く伸びた尾の先端まで力感が漲っている。

〒104-0061 東京都中央区銀座4−10−6 G4ビル2F

電話番号 : 03-6264-1107
FAX : 03-6264-1139
株式会社 銀座長州屋 ANNEX

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード