金這龍図目貫 無銘 古後藤

目貫

 明るい色合いの青金を薄手に仕立て、量感のある身体を容彫に表現した、後藤家の伝統的這龍図。この薄手の地造りは室町時代の古作にみられる特徴。本作も山高く谷深くの謂いがあるように、龍の身体がくっきりと立っている。龍は眼窩が窪んで目玉が鋭く、鱗が立ち爪も鋭く、角と手足には微細な三角鏨が打ち施されて貫禄がある。
金這龍図目貫 無銘 古後藤